サイタマライフブログ バイクや趣味についての雑記ブログ

バイクやZ900RS、ツーリング、埼玉、趣味についての雑記ブログです。

Z900RS KIJIMA キジマ タンデムグリップ付けてみた。

Z900RSにグラブバーつけたった

Z900RS グラブバー

こんにちはノブです。

 

今回はZ900RSにカスタムをしたので、それのレポになります。

Z900RSにグラブバーを取り付けたい方のご参考になればと思います。

それではよろしくお願い致します!

 

 

KIJIMA キジマのZ900RS用 グラブバーを選んだ理由は!?

以前、キャリアの記事をあげたのですが、結局グラブバーが一番バランスがいいな!となりグラブバーを購入しました(笑)

前回の記事はこちら

www.cbkan.info

いやー、最後まで悩んだんですけどね。なんだかんだグラブバーになってしまいました。

 

今回選んだグラブバーがこちら!

 

KIJIMA キジマ タンデムグリップ

キジマ (KIJIMA) タンデムグリップ ブラック 210-5442 2018年- Z900RS 210-5442

キジマ (KIJIMA) タンデムグリップ ブラック 210-5442 2018年- Z900RS 210-5442

 

グラブバーという名称ではなくタンデムグリップでしたね。

俺的にはグラブバーなんだけどな(笑)しっくりくる。

 

Z900RS タンデムグリップ

クロームメッキではなく、ブラックにしました。

ぼくのZ900RSは全体的にブラックとゴールドでまとめてますので、もちろんグラブバーもブラックです。

www.cbkan.info

 

 

出来たらマットブラックが良かったのですが、売っている商品でマットブラックのものがありませんでした....

そのうち塗りたいですね。

Z900RS タンデムグリップ

撮影中邪魔が入る画

 

取り付けてみた!

とりつけは簡単です。リア周りや荷掛けフックのボルトをあhずしてこちらを噛ませるだけ、4点なのでとても早く簡単に終わりました。

 

それではビフォーアフターをご覧ください。

正直、好みは分かれると思います。

 

BEFORE

シュっとしてますね。

純正では、シートのベルトのみになります。

 

AFTER

Z900RS グラブバー

むむむ。

大分主張してきますね~

 

シュッとしたリア周りが一気に武骨になりました!

これは賛否が分かれるかと思います。

旧車っぽさが増したのか?それとも野暮ったく?

純正OPのグラブバーは流線形で高さがここまでないので、主張もここまでないかもsれません。クロームしかないので、選択肢には入りませんでしたが....

 

他のアングルからも何枚か見てみましょう。

 

Z900RS グラブバー ブラック

まわりがゴチャゴチャしていてわかりづらいですね(笑)

ちなみにレッドバロンで購入したわけではありませんが、ロックだけ使ってます。

 

Z900RS キジマ グリップ

結構、このバイク今風で短いなぁ。

シックデザインのロングテールキットが大変きになっております。俺のZに付けたらどんな見た目になるのだろうか。

 

Z900RS キジマ グラブバー

やはりかなり印象が変わると思いませんか?(笑)

見た目では前のも好きでしたが、利便性も含めても変えてよかったと思います。この”武骨感”嫌いじゃない。

Z900RS グラブバー

どうですか?

たしかに装着前の方がスタイリッシュじゃないですか?

でも、私はグラブバーが付いているスタイルも好きですよ^^

 

※タンクのグリップは大失敗なので、すでに剥がしました( ;∀;)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

グラブバー・タンデムグリップの取り付け・カスタムを検討している方の参考になれば良いのですが....

 

正直、ほんの少しの大きさや形状、色でかなり印象が変わるパーツだと思います。

 

とくにZ900RSのリア周りはとてもシャープで短いので、グラブバーがどれだけ主張してくるかはそのサイズ次第でしょう。

なので、検討している方はよく調べて色々な画像を見てみるといいと思います!!

 

インスタグラムとかも見ると参考になりますよね。

 

私はおおむね満足しています。

フェンダーレスの弊害で荷掛けフックが減ってしまった分、グラブバーがあると大分助かります。

シートに荷物を載せた際のひっかかりにもなりますからね^^

クロームにしたり別のメーカーのグリップも気になるなぁ....

 

とりあえず、時間があるときにマットブラックに塗装してみたいと思います!

その時はまたブログにさせてもらいます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!